2007年09月03日

あなたのホームページの問い合わせを増やす、超実践大改造セミナー

★あなたのホームページの問い合わせを増やす、超実践大改造セミナー★

先日、ホームページを作ったばかりの工務店さん2社から、ほぼ同じ内容の御質問をいただきました。

1)ホームページの集客は出来ているが、「資料請求」が無い。

2)いきなり「資料請求」が来たが、その後、全く無い。


2社のサイトにおける「アクセス解析」をもとに判定したところ、両方に共通している問題点が判明しました。
それは、

資料請求の仕組みが無い」ことでした。

*「資料請求の仕組み」については、下記の有料ブログで詳しく解説しています。興味のある方は、まずはバックナンバーから購読してください。

バックナンバー

たいへんもったいないことです。真面目に一生懸命ホームページを作り、多くの方に読んでいただいているにも関わらず「資料請求がゼロ!」。

しかし、その問題を解決する方法は、実は、本当に簡単なことなのです。

それを解説するセミナーを開催します。

「せっかくホームページを作ったのに、資料請求がゼロ!」とお嘆きの方、ぜひ、この機会に「極意」を学んでください。

あなたのホームページの問い合わせを増やす、超実践大改造セミナー








2007年08月21日

まずはお読みください!(新世代富裕層の研究)

あるコンサル(住宅業界)曰く

団塊の世代をターゲットにする場合、インターネットでは難しい・・・

なぜ、この有名コンサル(誰もが名前を知っている人です)は大きな間違いを繰り返すのか?

理由はどれでしょうか?

ー尊櫃法▲優奪判元劼鬚笋辰燭海箸ない。

異業種のレポートを参考にしない。

自分の価値観(過去の経験)だけでアドバイスしている。



答えはなんでしょうか?

(答え)
すべてあてはまります。(残念ながら)


そんなコンサル(1社から毎月50万円はとっているらしい)にムダなお金を払うよりも、この本(↓)を読んでください。




新世代富裕層の「研究」―ネオ・リッチ攻略への戦略 (未来創発2010)


ちなみに、一部を抜粋すると


○インターネットを使いこなす(8ページから抜粋)
次に、団塊世代の富裕層の資産運用における特徴として、彼らがインターネットを使いこなしていることがあげられる。富裕層の多くは高齢者で、インターネットや携帯電話はあまり利用しないという先入観があるかもしれない。しかし、実際には富裕層であってもITリテラシーの高い人は多い。NRI調査によると、富裕層の63%が、ほぼ毎日インターネットを利用している。

2007年08月16日

動画によるマーケティングについて(パート3)

私が毎週発行している有料メルマガ(工務店向け【インターネット集客の極意】)では、いよいよ「動画によるマーケティングの解説」に入ります。

先日、メルマガ読者の方からメールで御質問をいただきました。

「玉川さん、メルマガでは【これからは動画による情報発信が重要になる!】って書かれてありましたけど、本当に?世の中はそこまで進んでいるのですか???」


私の回答は極めてシンプルでして・・・続きを読む

2007年07月30日

動画によるマーケティングについて(パート2)

ホームページには積極的に「お客様の声」を掲載しますね。これは基本中の基本です。
(*お客様の声とは、すでにお引渡ししたOB施主の御意見・御感想、それから、ホームページをご覧になった方からの御意見・御感想です。)

しかし、この「お客様の声」をお読みになる方も、ちょっと不安に思う時があります。それは、

「これらの内容は、本物なのか?」

ということです。当然ですよね。創作であるかもしれません。

残念ながら、この疑念を完全に払拭する方法はございません。本当に残念です。そのため、みなさんが日常行っている「OB施主の皆様とのふれあい」をどんどん情報発信してください。

例えば、下記をクリックしてご覧ください。




つまり、あなたが日々行動している「真実の姿」をいろいろな手法で情報発信してください。(しかも、映像ではウソはつけませんよ!)

2007年07月07日

動画によるマーケティングについて(パート1)

2010年までに、日本全国にブロードバンドが普及します。
すでに、私が住んでいる地域はほとんどブロードバンド網が完備しました。

そうなると、いったい何が変わるのか?

【動画】のコンテンツが必要になります。そして、その【動画】を無料で視聴していただくためのインフラも整いました。

現在、お客様に配布しているビデオをYouTubeに投稿しました。
下記をご覧ください。





これから、【動画】コンテンツの作成が、集客において明暗を分ける要素になると確信しています。


2007年07月02日

新しくメルマガを発行します!

工務店経営、それは「ケースバイケース」の連続です。

工務店経営を細かく解説した教科書はどこにもありません。なぜなら「世界で最も高額の商品=住宅」を作るには、多くの業種/職人さんをまとめあげ、究極の手作り商品を完成することだから。
また、お客様の考え方も一つとして同じものはなく・・・。

会社の規模によっても、直面する問題は多種多様。それを学ぶには、失敗事例から教訓を得ることが重要。それを有料メルマガで解説していきます。

今まで、200社を超える工務店さんとお付き合いしてきました。その際、「インターネット集客」「2代目の事業継承」「営業マンの指導方法」などなど、様々な相談を受けて、それに対するアドバイスをしてきました。そのプロセスを通じて、多くの工務店さんが現在抱えている問題点や失敗事例を詳しく研究することができました。

それらの内容を、「質問」に対する「回答」形式で、メルマガで解説していきます。
他社の失敗や疑問点を通じて、みなさんが工務店経営のヒントをつかんでいただきたいと願っております。

下記の画像をクリックすると、有料メルマガに関する詳しい説明と「サンプル」をご覧になれます。


まぐプレバナー

ただし、いきなり「有料のメルマガ」に申し込むにはどうしても躊躇してしまいます。


タマチャンは、本当に、真面目に、わかりやすくメルマガを書くのかな?
と不安に思う方も多いと思います。

ところが、このメルマガは【購読申込当月の購読料は無料】なんです。

繰り返し書きますね。

このメルマガは【購読申込当月の購読料は無料】なんです!!!
*詳しい内容は下記をクリックしてご覧ください。

無料の仕組み


つまり、「内容が役立たずだったら、無料期間中に解除すればよい」仕組みになっています。いかがですか?

それでは、まずはサンプル版をご覧ください。サンプル版の購読は下記の画像をクリックしてご覧ください。

まぐプレバナー


みなさんに私の手法を習得していただくため一生懸命書き続けていきます。ぜひご購読ください。


2007年06月04日

地中熱利用の原理原則を学ぶことができます!

「100年住宅」「長寿命住宅」をテーマに、家造りをおこなっている工務店さんも多いと思います。

住宅の場合、解体する時、大量のゴミ(産業廃棄物)が発生しますから、日本全国の住宅(マンション・アパートも含めて)の寿命(建て替えまでの期間)が平均で10年程度のびるだけでも、産業廃棄物を処理する費用と、co2の発生を大幅に抑えることができます。結果として、地球温暖化防止に寄与できるわけです。

私も「長持ちする家」をテーマに家造りをすすめてきました。

ところで、以前、ある中堅商社(化学品を扱う商社)の取締役と対談した際、その方がこんなことをおっしゃっていました。

どこの住宅会社も100年住宅を切り口に提案しているけど、発想を変えると、15年住宅というのがあっても良いのではないか?その分、建築コストが半分以下になるような家造りもお客様に受け入れられるのではないか?

その時は、「なるほどね・・・・、そういう考えもあるかもしれないな・・・」と感じました。
続きを読む

2007年03月19日

あなたのサイトを生き返らせる、ホームページリフォームセミナー【in東京】のお知らせ

7f9a0012.jpg3月6日に【あなたのサイトを生き返らせる、ホームページリフォームセミナー】をおこなってきました。

予想通り(?)時間が足りなくなってしまいました・・・(反省)
どうしても、お伝えするべきことを全て話そうとすると半日では足りないようです。

参加された方の中には、私が発行する有料メルマガを購読されている方がいまして、その方からは
メルマガで勉強していた内容の全体像が明確になりました。それでも、もう少し時間があった方が良かったですね。

そこで、セミナー内容を見直しました。
今回はさらに実践的な内容にしてみました。会場は東京です。

「工務店が取り組むべきインターネット集客」について詳しく知りたい方は、下記のセミナーにお申し込みください。(詳しい内容を知るには、下記をクリックしてご覧ください。)

あなたのサイトを生き返らせる、ホームページリフォームセミナーin東京のお知らせ



2007年02月25日

木曾東濃檜を愛する会結成!

977eecef.jpg2月22日、岐阜県中津川市坂下にて「【産地との共同イベント】の仕組み」について講演をおこなってきました。

これからの激動の時代を生き残るため、「お客様に愛される家造り」を真剣に検討している工務店さんが9社参加されました。
その時、強烈に感じたのが【工務店の情報共有ネットワーク】です。

本来、日本の家造りを担っているのは地場の工務店です!
ハウスメーカーでさえ、自社の施工組織は「工務店さんに依頼する」窓口にすぎません。彼らでは、実際に家を建てることはできないのですから。
簡単に言い換えると、ハウスメーカーとは「営業窓口」にすぎません。

ハウスメーカー = 営業窓口
地場工務店 = 実際に住宅を建てる会社


また、いまだに存在し続ける「ローコスト住宅系フランチャイズ」は、単に、「営業ノウハウ」を販売しているだけの存在にすぎません。

「ハウスメーカー」及び「ローコスト系フランチャイズ」に共通しているのは、【全国どこでも同じように建てる画一的な住宅】なのです。

しかし、その【全国どこでも同じように建てる画一的な住宅】は、これからも一般の方に愛され続けるのでしょうか?

あなたは本当にそれを信じていますか?

単純に、それを信じている方にとって、これから書く内容は全く参考になりません。続きを読む

2007年02月10日

ホームページのリフォームとは?

みなさんは御存知ですか?
私がホームページを全面的にリニューアルしたことを。

1)ビフォー
 http://www.tamagawa-grp.co.jp/

2)アフター
 http://www.37eco.jp/


数年前からホームページを全面的にリニューアルすることを計画していたのですが、そこに掲載されている情報量が膨大であることと、迷路化しているため、リニューアル作業に協力してくれる会社がなかったのです。

ところが、この難事業を引き受けてくれる人が現れました!

マスタープラン/小谷さんです。

彼のおかげでホームページからの集客もほぼ倍増しました。

今回、小谷さんが「ホームページリフォーム」のセミナーを開催することになりました。
インターネット集客で悩んでいる工務店経営者の方、ぜひ、このセミナーに参加してください。

詳しい内容は、下記をクリックしてご覧ください(↓)

あなたのサイトを生き返らせる、ホームページリフォームセミナー



2007年02月01日

【産地との共同イベント】の仕組みを知ってください!

みなさん、こんにちは。
私がいつもお世話になっている「恵北プレカット工場」が開催する「我が家の大黒柱と出会う旅」は毎回毎回参加するお客様に大好評です。

全国から、これから家造りをスタートするお客様が岐阜県まで集結されます。そして、山の中に入って、「我が家の大黒柱」を選びます。

「大黒柱」用の立木(木曾東濃檜)は樹齢100年を超えるものばかりで、7〜8寸角/6メートルの大黒柱になります。

参加されるお客様が大喜びする理由があります。それは・・・・。

今回、「恵北プレカット工場」さんがセミナーを開催することになりました。(2月22日 木曜日)そのセミナーに参加すると、お客様が大喜びする理由が詳しくわかります。

セミナーの内容は下記をご覧ください(↓)


●日時:平成19年2月22日(木)
  12:30 開場
  13:00 インターネット集客の極意
  14:00 産地を活用したイベント事例の解説
  15:00 木曾東濃檜プレカット工場(恵北プレカット)の見学
  16:00 団塊の世代が喜ぶモデルハウスの見学
  17:30 個別相談会

●参加費用: 1社5000円(2名まで)
●会場: 坂下公民館(岐阜県中津川市坂下820−1 TEL 0573−75−3116)
●集合場所/時間: 12:08 JR中央本線 坂下駅 改札口
 (改札口に御集合ください。駅から公民館まで御案内いたします。)
 中津川 12:00発 → 坂下 12:08到着 (JR中央本線)
 
●お申込み先:電話またはFAXで御連絡ください!
・恵北プレカット協同組合 小栗まで電話・FAXで御連絡ください。
(恵北プレカット協同組合 〒509−9232 岐阜県中津川市坂下208−15 担当:小栗)
 http://www.gifu-mokuzai.jp/precut/keihokupure/ 
電話:0573−75−4774
FAX:0573−75−4302

会社名:
担当者名:
電話番号:
参加人数:  名

●主催:恵北プレカット協同組合 
〒509−9232 岐阜県中津川市坂下208−15 担当:小栗


さらに詳しい内容を御希望の方、上記/小栗さんまで御連絡ください。
電話でお問い合わせいただければ、詳しい内容を説明してくれます。


【外断熱の地熱住宅】に興味がある方へ!(大阪で地熱住宅セミナーを開催します)

【外断熱の地熱住宅】を建築する工務店さんが全国で続々増えてきました。その仲間の情報をまとめて掲載しているサイトが【ecoハウス研究会】です。

ecoハウス研究会の主宰で、【10年に渡るアイヌのチセ住宅研究から 地熱住宅を開発した宇佐美氏によるセミナーin大阪】が開催されます。

関西方面の方で、「宇佐美さんの話を直接聞いてみたい!」とお考えの方、ぜひ、このセミナーに御参加ください!

* 日時:2006年3月21日(祝) 午後1時開場
* 場所:大阪梅田 阪急ターミナルスクエア・17 いちょうの間
* 講師:地熱住宅開発者 宇佐美智和子氏



地中熱住宅の原点 アイヌの伝統民家チセ

このセミナーは、本来は、これから家を建てようとお考えのお客様向けの企画です。
しかし、ecoハウス研究会に参加している工務店さんも全国から集結します。
そのため、多くの席ではありませんが、「地熱住宅に興味を持っている工務店さん」用の席も確保しました。

工務店さんで、このセミナーに参加を希望される方は、下記をクリックして、その詳しい内容をご覧ください(↓)

 ★地熱住宅セミナー参加ご希望の工務店様へ


2007年01月01日

私のノウハウを全て学んでいただく方法(有料メルマガについて)

・「インターネット集客の極意」について詳しく知りたい方
私が発行している有料メルマガをお読みください。
詳しい内容は下記をご覧ください。

1)配信システムとして「まぐまぐプレミアム」を利用しています。

2)メールマガジンの内容、購読料、発行周期については、それぞれのマガジン説明をご覧ください。

3)購読申込するには、「まぐまぐプレミアム」の会員登録(無料)が必要です。



ただし、いきなり有料の申し込みをするのは不安だと思います。

「タマチャンは、本当に、真面目に、わかりやすくメルマガを書くのかな?」
と不安に思う方も多いと思います。

ところが、このメルマガは【購読申込当月の購読料は無料】なんです。

繰り返し書きますね。

このメルマガは【購読申込当月の購読料は無料】なんです!!!
*詳しい内容は下記をクリックしてご覧ください。

無料の仕組み


今回、2種類のメルマガを発行します。

1つは「住宅業界向け【営業マン不要論】」です。10月1日からの発行になります。2つめは、「工務店向け【インターネット集客の極意】」です。これはすでに発行を開始しています。(バックナンバーも購読できます)内容的には「インターネット集客(初級編)」の段階です。これから(中級編)に入っていきます。

自宅で勉強したい方、一度参加したセミナーの内容を徹底的に習得したい方、そんな方はぜひメルマガにお申し込みください。
まずは、無料購読で試してください。
(内容がつまらなかったら、即、解除しちゃってくださいね!)

それでは、有料メルマガのお申し込みフォームをご覧ください(↓↓↓)



タイトル:住宅業界向け【営業マン不要論】
創刊日:2006/10/01
発行周期:毎月1日
購読料:1000円/月(税抜)

地場の小さな工務店にとって、仕事を請け負うために、本当に営業マンは必要なのか?小さな会社が組織全体で「営業活動」をおこなう手法はないのか?あります!しっかりとあります。その方法を知ってください。そうすれば、無理に大量の営業マンを雇用する必要がなくなりますから。


まぐプレバナー





タイトル:工務店向け【インターネット集客の極意】
発行周期:毎週火曜日(5週目・年末年始除く)
購読料:2000円/月(税抜)

2010年、それは住宅業界にとって大激変の時です。工務店の3分の2が廃業するという予測もあります。消費税アップ、少子化、単世帯の増加などなど、全ての要因は住宅業界にとってマイナスです。ますます販促費用がアップしていきます。しかし、マイナス成長の中、ほんの少数ですが元気で明るい工務店もあります。彼らに共通するのは「インターネット集客で成功している」ことです。その秘密とは何でしょうか?


まぐプレバナー

2006年11月19日

工務店さん向け【地熱住宅説明会】(大阪地区での開催)

12月8日、大阪にて【工務店さん向け地熱住宅説明会】を開催することになりました。

詳しい内容は、下記をクリックしてご覧ください。

関西初開催 工務店さん向け地熱住宅説明会

工務店さん向け地熱住宅説明会


インターネット集客に取り組むための本

先日(11月17日)、「求められる工務店の会」が開催したセミナーで講演をおこなってきました。
題して「儲けの戦略」でした(笑)

セミナー冒頭でも申し上げたのですが、この「儲けの戦略」という言葉は誤解されていたと思います。私の話を1時間程度聴くだけで、全ての会社が儲かるわけではありません。

実際、私の会社が「ウハウハ儲かっているのか?」というと、決して、そんな理想的な状況でもありません(笑)なんとか、金融機関にお金を借りなくても、毎月、社員さんに給料を払える、そんな程度です。

私のブログ・メルマガをお読みの方の中で、あのセミナーに参加された方もいらっしゃるようですから、このセミナーでじっくりとお伝えしたかったことを、まとめてみます。
続きを読む

2006年10月13日

当社に資料請求をされた方へのメッセージ

★工務店経営者の方へ★
似顔絵

みなさん、こんにちは。玉川です。
資料請求のご連絡をいただきましてありがとうございます。
資料送付等は費用が発生します。(有料です)
まずは、下記をお読みになってください。その上で、ご希望の内容をメールでご連絡ください。




資料請求された工務店さん(住宅業界関係者)、及びIT業者さんは、主に下記2種類の目的で資料請求されるようです。

1)「外断熱の地熱住宅」という家造り(工法)に、技術的に興味がある方
2)「インターネット集客」について、その手法に興味がある方


それぞれ、対応方法が違いますので、目的にあわせて、下記から選択してください。


1)「外断熱の地熱住宅」という家造り(工法)に、技術的に興味がある方
・「外断熱の地熱住宅」に関する資料ですが、同業者の方にもお送りしております。ただし、全て有料です。
・そして、お送りする資料についてですが、下記に記載したものだけです。
○地熱住宅カタログ(お客様向け)
○地熱住宅が掲載された新聞記事コピー
○お客様へ送付する情報誌(バックナンバー)

私たちはフランチャイズ組織ではありませんので、工務店さん向けに特別に作成した資料はありません。
そのため、お客様に送付している資料を工務店さんにもお送りしております。お客様には無料でお送りしていますが、同業者の方からは、一律、5000円をいただいております。(税込/送料込)

【お申込み方法】
・私までメールでお申込みください。メールには下記の項目を記載してください。

メールアドレス:tokuhan@tamagawa-grp.co.jp

●会社名:
●郵便番号:
●住所:
●電話番号:
●ご担当者様名:
●メールアドレス
●コメント

・メールが到着次第、私から返信をいたします。費用の支払い先口座をお送りいたします。そこの入金が確認でき次第、地熱住宅に関する資料をお送りいたします。



・工務店さん向け【現場見学会】に参加される場合
定期的に、工務店さん向け【現場見学会】を開催しています。
*過去の「工務店さん向け【現場見学会】は下記をクリックしてご覧ください。
 ●工務店さん向け現場見学会

参加費は有料です。3.15万円となります。
この見学会では、上記5000円で配布している資料も無料でお渡ししております。

工務店向け見学会に参加する場合、私までメールでご連絡ください。
メールアドレス: tokuhan@tamagawa-grp.co.jp
●会社名:
●郵便番号:
●住所:
●電話番号:
●ご担当者様名:
●メールアドレス
●コメント


なお、現在、全国で【外断熱の地熱住宅】を建てている工務店さんは下記の通りです。
全国で地熱住宅を建てている工務店さん一覧






2)「インターネット集客」について、その手法に興味がある方
工務店さんだけではなく、最近、ホームページ作成業者(IT業界)からの資料請求も増えてきました。
私が工務店のみなさんにお伝えしている「インターネット集客」について詳しく知りたい方、下記の方法で勉強してください。

・「インターネット集客の極意」について詳しく知りたい方
私が発行している有料メルマガをお読みください。
詳しい内容は下記をご覧ください。

1)配信システムとして「まぐまぐプレミアム」を利用しています。

2)メールマガジンの内容、購読料、発行周期については、それぞれのマガジン説明をご覧ください。

3)購読申込するには、「まぐまぐプレミアム」の会員登録(無料)が必要です。



ただし、いきなり有料の申し込みをするのは不安だと思います。

「タマチャンは、本当に、真面目に、わかりやすくメルマガを書くのかな?」
と不安に思う方も多いと思います。

ところが、このメルマガは【購読申込当月の購読料は無料】なんです。

繰り返し書きますね。

このメルマガは【購読申込当月の購読料は無料】なんです!!!
*詳しい内容は下記をクリックしてご覧ください。

無料の仕組み


今回、2種類のメルマガを発行します。

1つは「住宅業界向け【営業マン不要論】」です。10月1日からの発行になります。2つめは、「工務店向け【インターネット集客の極意】」です。これはすでに発行を開始しています。(バックナンバーも購読できます)内容的には「インターネット集客(初級編)」の段階です。これから(中級編)に入っていきます。

自宅で勉強したい方、一度参加したセミナーの内容を徹底的に習得したい方、そんな方はぜひメルマガにお申し込みください。
まずは、無料購読で試してください。
(内容がつまらなかったら、即、解除しちゃってくださいね!)

それでは、有料メルマガのお申し込みフォームをご覧ください(↓↓↓)



タイトル:住宅業界向け【営業マン不要論】
創刊日:2006/10/01
発行周期:毎月1日
購読料:1000円/月(税抜)

地場の小さな工務店にとって、仕事を請け負うために、本当に営業マンは必要なのか?小さな会社が組織全体で「営業活動」をおこなう手法はないのか?あります!しっかりとあります。その方法を知ってください。そうすれば、無理に大量の営業マンを雇用する必要がなくなりますから。


まぐプレバナー





タイトル:工務店向け【インターネット集客の極意】
発行周期:毎週火曜日(5週目・年末年始除く)
購読料:2000円/月(税抜)

2010年、それは住宅業界にとって大激変の時です。工務店の3分の2が廃業するという予測もあります。消費税アップ、少子化、単世帯の増加などなど、全ての要因は住宅業界にとってマイナスです。ますます販促費用がアップしていきます。しかし、マイナス成長の中、ほんの少数ですが元気で明るい工務店もあります。彼らに共通するのは「インターネット集客で成功している」ことです。その秘密とは何でしょうか?


まぐプレバナー


・求められる工務店の会で発行している情報誌を購読する
「インターネット集客の極意」以外でも、マーケティングに関する貴重な情報をこの情報誌に掲載しています。
購読する方法は下記をご覧ください。

【「求工会情報誌会員」申込み方法】

*申し込みフォーム/コメント欄に(紹介者パスワード)を記入するようになっています。下記のパスワードを記入すると、各種セミナー等の割引券をもらえます。申し込む際は忘れずにパスワードを記入してください!

★パスワード: ssh5092-tk

情報誌申し込みフォーム● (←こちらをクリックしてください)



上記のどれかをご選択ください。
また、それ以外についてお問い合わせがある方、私までメールを送ってください。

メールアドレス: tokuhan@tamagawa-grp.co.jp



2006年10月06日

「2010年ブロードバンド新時代」に乗り遅れるな!

平成18年10月6日日経新聞記事 ブロードバンドについて

何度もなんども、しつこくシツコク言い続けているのですが、まだ「インターネット集客に興味がない」工務店経営者の方、この記事を読んで、2010年に生き残るために、どんな戦略を考えるのですか?

「光」並み高速ネット普及へ、NTT通信網開放・総務省方針
(NIKKEIネット 記事)

2006年09月29日

便利だよね!「スカイプ」

最近、仲間の工務店さんを長時間打合せすることが増えてきました。

複数の県にまたがって、共同でイベントを開催するのですが、その際、複数の関係者が一緒にスカイプを利用して打合せをおこないます。

凄く便利ですよね。

今後、お施主様との打合せ等もスカイプに活躍してもらおうと考えています。
私たちのお施主様は、ほとんどがネット接続環境を持っていますから、スカイプのヘッドセット(安いですよね)をプレゼントして、そして、打合せに使ってもらえれば、双方にとって、電話代が大きく節約できると考えています。

みなさんもぜひご利用ください。



2006年09月25日

堂々と名乗ってください!

毎日たくさんの「資料請求=ガイドブック請求」をいただくのですが、中には同業者の方も多いようです。

いろいろなところで「インターネット集客の極意」について書いていますから、

「具体的にはどんな方法でやっているのかな?」
「どんな内容のガイドブックを配布しているのかな?」


という興味から資料請求しているのだと思います。

多いときには、月20件ほどは住宅業界とIT業者の方からガイドブック請求が届きます。この数は、あくまでも、「資料請求時に会社名を名乗る方」「メールアドレスから会社名が判明する方」だけでして、想像ですが、この数倍は住宅業界とIT業界から資料請求が入っていると考えています。

本音を言うと、「資料請求時に会社名を名乗る方」には好意を持ちますが、そうではない人は「ちょっと・・・どうかな・・・この人」と感じてしまいます。

ホームページで「無料でガイドブックを送りますよ」と私が書いているのですから、彼らの行為そのものは非難されるべきものではないでしょう。
ただ、「その気持ちが悲しい」と思うだけです。

同業者なのですから、しかも、地域が離れていて、絶対に競合しない住宅会社さんばかりなのですから、しっかりと名乗って資料請求をしてもらいたいものです。

他人のガイドブックをいくら読んでも、自社で簡単にガイドブックが作成できるわけではありませんしね。どうせなら、仲間になって一緒に活動していってもらいたいわけです。堂々と名乗ってもらいたいものです。

実は、こんな例があります。下記をご覧ください。


お名前 = 鈴木●●
郵便番号 = 410-****
住所 = 静岡県沼津市●●●
電話番号 = 055-***-****
email = *****@bird.ocn.ne.jp
コメント = 今の家は建ててまだ五年目ですが、断熱性能は最悪です。新築なのに夏暑く、冬寒い家なんです。いろいろ勉強して近い将来買い替えを考えています。

注:この人のため、特定できる部分は●と*で隠しました。



この方、2度もガイドブック請求をされたので、「届いていないのかな?」と思ってメールを送りました。すると返信があり、しかも、その返信は、油断したのでしょうか、しっかりと会社名が判明するようになっていました。

会社名から検索すると、この鈴木某は「工務店経営者」でした。
ホームページもありました。

「工務店経営者」が、上記コメントに書かれてあるような行動をするかもしれませんが、せめて、会社名と工務店経営者である旨書いてほしかったですね。


工務店同士は決して敵ではないので、正々堂々と名乗ってからガイドブックの請求をしてください。
ただし、私が一生懸命作ったガイドブックなので、無料で送るのは嫌です。
3000円もらいます。

3000円支払うのが嫌な人、こっそりと、一般の人を装って、資料請求してください。そんな人は、所詮、何かで成功するはずはないのですから、自由にやってください。ご苦労様です。




2006年09月24日

しまった!!! 間に合わなかった・・・。

あぁ〜、凄く残念です!

神田昌典さんのメルマガを読んだら、神田さんの新刊書を購入すると、なんとっ!神田さんのセミナーに参加できると書いてあるではないですか!

早速、新刊本【お金と正義(上・下)】をアマゾンで購入して、そして、セミナーの申込みフォームをクリックしてみると・・・、開催日(2日間開催)はどれも満席でした・・・・。

心の底からガッカリしたのですが、ふと見ると、「講演収録音声ファイル 無料プレゼント」と書かれてあるではないですか。
しかも、申込者全員と。

ふっ〜、これで内容を聴く事ができます。よかったです。
(でも、やっぱり、ライブで聴くほうが良いにきまっているのですが・・・)


神田昌典さんの「講演収録音声ファイル 無料プレゼント」をゲットしたい方、下記の手順でお申込みください(↓)

1.まずはアマゾンで本を購入する
*下記をクリックして購入してくださいね。

【お金と正義(上)】



【お金と正義(下)】




2.アマゾンから送られるメール内容をコピーして、申込みフォームをクリックする。
「講演収録音声ファイル 無料プレゼント」申込みフォーム



はい。これで終了です。
後は、本が到着するのを待ちましょう。

私もすぐ読みます。その感想は後日アップしておきます。



人気ブログランキング
人気ブログランキング、今日もクリックをお願いします。(ありがとうございます!)

人気blogランキング
★今月 おすすめの本★
メルマガの登録
【住宅業界健全化マニュアル】
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

最新のコメント
最新のトラックバック
ブログの講習会 (良い家に住むのは万人の願い。安心と安全を耐震住宅のGLホームでかないます)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
ためになりました (大阪で50代から定年までの失敗しない自分だけのリフォーム)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
トラックバックの試験 (良い家に住むのは万人の願い。安心と安全を耐震住宅のGLホームでかないます)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
てすと (自然素材で世界にひとつの家作りを完成さす)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
インターネットで集客の可能性 (子育て世代のための最高級の桧を使った、坪33万円の高級住宅)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
トラックバックTESTです (大阪の材木屋発!自然素材・健康住宅適合素材を使用し、安全、快適、でリフレッシュできる住空間をプロデュースします。)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
テスト (20代からシニアまで。バイクガレージ、ビルトインガレージ!ガレージライフを楽しみたい[夢をかなえるガレージハウス虎の巻])
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
★そうだ!読書をしよう!!★
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)