2006年09月25日

堂々と名乗ってください!

毎日たくさんの「資料請求=ガイドブック請求」をいただくのですが、中には同業者の方も多いようです。

いろいろなところで「インターネット集客の極意」について書いていますから、

「具体的にはどんな方法でやっているのかな?」
「どんな内容のガイドブックを配布しているのかな?」


という興味から資料請求しているのだと思います。

多いときには、月20件ほどは住宅業界とIT業者の方からガイドブック請求が届きます。この数は、あくまでも、「資料請求時に会社名を名乗る方」「メールアドレスから会社名が判明する方」だけでして、想像ですが、この数倍は住宅業界とIT業界から資料請求が入っていると考えています。

本音を言うと、「資料請求時に会社名を名乗る方」には好意を持ちますが、そうではない人は「ちょっと・・・どうかな・・・この人」と感じてしまいます。

ホームページで「無料でガイドブックを送りますよ」と私が書いているのですから、彼らの行為そのものは非難されるべきものではないでしょう。
ただ、「その気持ちが悲しい」と思うだけです。

同業者なのですから、しかも、地域が離れていて、絶対に競合しない住宅会社さんばかりなのですから、しっかりと名乗って資料請求をしてもらいたいものです。

他人のガイドブックをいくら読んでも、自社で簡単にガイドブックが作成できるわけではありませんしね。どうせなら、仲間になって一緒に活動していってもらいたいわけです。堂々と名乗ってもらいたいものです。

実は、こんな例があります。下記をご覧ください。


お名前 = 鈴木●●
郵便番号 = 410-****
住所 = 静岡県沼津市●●●
電話番号 = 055-***-****
email = *****@bird.ocn.ne.jp
コメント = 今の家は建ててまだ五年目ですが、断熱性能は最悪です。新築なのに夏暑く、冬寒い家なんです。いろいろ勉強して近い将来買い替えを考えています。

注:この人のため、特定できる部分は●と*で隠しました。



この方、2度もガイドブック請求をされたので、「届いていないのかな?」と思ってメールを送りました。すると返信があり、しかも、その返信は、油断したのでしょうか、しっかりと会社名が判明するようになっていました。

会社名から検索すると、この鈴木某は「工務店経営者」でした。
ホームページもありました。

「工務店経営者」が、上記コメントに書かれてあるような行動をするかもしれませんが、せめて、会社名と工務店経営者である旨書いてほしかったですね。


工務店同士は決して敵ではないので、正々堂々と名乗ってからガイドブックの請求をしてください。
ただし、私が一生懸命作ったガイドブックなので、無料で送るのは嫌です。
3000円もらいます。

3000円支払うのが嫌な人、こっそりと、一般の人を装って、資料請求してください。そんな人は、所詮、何かで成功するはずはないのですから、自由にやってください。ご苦労様です。




トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
人気ブログランキング
人気ブログランキング、今日もクリックをお願いします。(ありがとうございます!)

人気blogランキング
★今月 おすすめの本★
メルマガの登録
【住宅業界健全化マニュアル】
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

最新のコメント
最新のトラックバック
ブログの講習会 (良い家に住むのは万人の願い。安心と安全を耐震住宅のGLホームでかないます)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
ためになりました (大阪で50代から定年までの失敗しない自分だけのリフォーム)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
トラックバックの試験 (良い家に住むのは万人の願い。安心と安全を耐震住宅のGLホームでかないます)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
てすと (自然素材で世界にひとつの家作りを完成さす)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
インターネットで集客の可能性 (子育て世代のための最高級の桧を使った、坪33万円の高級住宅)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
トラックバックTESTです (大阪の材木屋発!自然素材・健康住宅適合素材を使用し、安全、快適、でリフレッシュできる住空間をプロデュースします。)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
テスト (20代からシニアまで。バイクガレージ、ビルトインガレージ!ガレージライフを楽しみたい[夢をかなえるガレージハウス虎の巻])
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
★そうだ!読書をしよう!!★
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)