生き残るための智恵

2007年02月25日

木曾東濃檜を愛する会結成!

977eecef.jpg2月22日、岐阜県中津川市坂下にて「【産地との共同イベント】の仕組み」について講演をおこなってきました。

これからの激動の時代を生き残るため、「お客様に愛される家造り」を真剣に検討している工務店さんが9社参加されました。
その時、強烈に感じたのが【工務店の情報共有ネットワーク】です。

本来、日本の家造りを担っているのは地場の工務店です!
ハウスメーカーでさえ、自社の施工組織は「工務店さんに依頼する」窓口にすぎません。彼らでは、実際に家を建てることはできないのですから。
簡単に言い換えると、ハウスメーカーとは「営業窓口」にすぎません。

ハウスメーカー = 営業窓口
地場工務店 = 実際に住宅を建てる会社


また、いまだに存在し続ける「ローコスト住宅系フランチャイズ」は、単に、「営業ノウハウ」を販売しているだけの存在にすぎません。

「ハウスメーカー」及び「ローコスト系フランチャイズ」に共通しているのは、【全国どこでも同じように建てる画一的な住宅】なのです。

しかし、その【全国どこでも同じように建てる画一的な住宅】は、これからも一般の方に愛され続けるのでしょうか?

あなたは本当にそれを信じていますか?

単純に、それを信じている方にとって、これから書く内容は全く参考になりません。続きを読む

2006年10月06日

「2010年ブロードバンド新時代」に乗り遅れるな!

平成18年10月6日日経新聞記事 ブロードバンドについて

何度もなんども、しつこくシツコク言い続けているのですが、まだ「インターネット集客に興味がない」工務店経営者の方、この記事を読んで、2010年に生き残るために、どんな戦略を考えるのですか?

「光」並み高速ネット普及へ、NTT通信網開放・総務省方針
(NIKKEIネット 記事)

2006年02月26日

【移住がトレンドです!】

aef82a7c.JPG2月23日に「パナヒルズ大阪」にて長時間(なんと!10:00〜17:00まで)セミナーをおこなってきました。
これは「求められる工務店の会」が主催しているセミナーでして、私もこれほど長時間の講演をおこなったのは初めての経験でした。

しかし・・・・・、予想通り、時間が足りませんでした。参加者の皆様、大変ごめんなさい!参加された方のアンケートにも書かれてありましたが、次回は「1泊2日」でやらせていただきます。

さて、「年間1,800組の資料請求をホームページからタダで取るノウハウセミナー」に参加された皆様へお伝えしたいことがあります。セミナーの中では詳しく取り上げることができなかった2つのポイントです。その二つとは;

1.移住者をお客様にする重要性
2.ガイドブック作成の「本質的な目的」

です。補足説明としてお読みください。

続きを読む

2006年02月18日

【劇薬】

「求められる工務店の会」が発行している情報誌(2006年1月号)をお読みになった方向けの投稿です。

1月号掲載の「営業マン不要論(パート3)」において、私が正月読んだ【劇薬】の話が掲載されてあります。

「どんな本ですか?教えてください。」と数人の方からお問い合わせがあったので、ここで公開します。

ただし、この本を読む際の注意点があります。
・誰にも邪魔されない時間(まずは6時間程度)と空間を準備してください。
・会社によって状況は違うはずですが、それでも、必ずすぐに応用できる部分があります。それを探し出す気持ちで読んでください。

情報誌には1冊と書いてありますが、実は2冊あります。
ついでに、見るべき映画も2本あります。それぞれをじっくりとご覧ください。
なぜ?それが必要とされるのか???
簡単に解説を入れておきます。

【劇薬 その1】

ザ・キャッシュマシーン




【営業マン不要論】を実践するための「理論」を学ぶにはピッタリの書籍です。
集客から各種プロセスを経て成約にいたるまでの流れを理論的に把握できます。
この本と、私の【営業マン不要論】をあわせて読んでください。
かならず、社内改革の方向が見つかるはずです。



【劇薬 その2】
神話の法則

夢を語る技術〈5〉神話の法則―ライターズ・ジャーニー


「インターネット集客」で絶対に必要な「無料ガイドブック」ですが、何をどうやって書いたらよいのか????? 難しいですよね。
そんな方は、まずこの本を読んでください。
専門書ですから、かなり読みにくいですが、その内、はまってきます。
私は常にカバンの中に入れてます。



【劇薬 その3】
映画(DVD) セルラー



セルラー



この映画、まずは「神話の法則」を読んでから観てください。
ガイドブック作成の要点を考えながら映画を観てください。
そこに登場する人物がどんな役割で、どんなプロセスを経て変わっていくのか?
この映画を観ると、猛烈にガイドブックを作る意欲がわいてきます。
間違いなし!


【劇薬 その4】
映画(DVD) シンデレラマン

シンデレラマン



私、この映画を妻と一緒に劇場で観ました。泣いた顔を見られるのが嫌でず〜と席についていました。号泣しますよ。
特に、お金がなくなってしまって、最愛の子供達を手放さなければならない状況に陥った時、主人公がとった行動とは・・・・・・・・・・・・、思い出すだけで泣けてきますね。

この映画、なぜ【劇薬】かと言うと、工務店に限らず「経営者が学ぶべきこと」がたくさん入っています。
特に、どうしようもなく困った時、
「絶対に頭を下げたくない相手」に土下座することができれば、絶対に倒産しません。そのような「経営上必要な知恵」を身につけることができる映画です。
また、「苦労したこと」がいずれは自分の長所になることなど、苦労している最中は辛いだけですが、それがきっと明るい未来を呼び込んでくれます。

この映画を自宅で観終わった後、CD(歌劇:トゥーランドット)を聴いてください。


プッチーニ : 歌劇「トゥーランドット」(全曲)



明日の活力がモリモリとわいてきますよ!
苦労は「明日の糧」となります。


2006年01月29日

【求められる工務店の会】情報誌について:営業マン不要論

先日(1月27日)のセミナーで少しだけ話した【営業マン不要論】が話題になっているようです。

特に、不思議なことに、営業マンの方が
「そうだよ!これからは営業マンは必要ないんだよ!」
と感激して会社に戻ってきたそうです。

この営業マンの方は非常に感度が高い方です。

ちょっと補足説明をしますと、【営業マン不要論】は下記の骨子から成り立っています。

・営業活動は絶対に必要であること。
・営業担当者は会社にとって血液と同じ。必要な業務を担当している人であること。
・ただし、現在、多くの工務店さんが定義している「営業マン」(つまり、営業マンに関する過去の定義)は必要ないということ。
・営業マンの雑用を排除してあげると、営業マンが数倍の効果をあげることができること。
・営業活動の流れ(仕組み)を全社員が理解して、一番重要な部分を営業マンに担当してもらうこと。


何度も書いていますが、工務店にとって、真の敵とは何か?
地元の同業者?
ハウスメーカー?


どれも間違いです。
工務店にとって、真の敵とは「販促コストの増大」です。

現在いる営業マンに最大限の効果をあげる仕事に集中してもらいましょう!
営業マンがいない工務店さんであれば、全社員で「営業マンの仕事」を分担しましょう。
すると、「販促コスト」が劇的にダウンします。
これは、結果として、お客様・社員さん・会社経営にプラスになります。

これが【営業マン不要論】の骨子です。

この【営業マン不要論】を詳しく読みたい方、下記から申し込んで「求工会情報誌会員」になってください。
*申し込みフォーム/コメント欄に(紹介者パスワード)を記入するようになっています。下記のパスワードを記入すると、各種セミナー等の割引券をもらえます。申し込む際は忘れずにパスワードを記入してください!

★パスワード: ssh5092-tk

情報誌申し込みフォーム● (←こちらをクリックしてください)


それでは、過去に掲載した【営業マン不要論】の一部をご覧ください。
続きを読む

【年間1,800組の資料請求をホームページからタダで取るノウハウセミナー】 

1月27日(金)、東京/新宿で「年間1,800組の資料請求をホームページからタダで取るノウハウセミナー」をおこなってきました。

今回のセミナーは、私が実践している「インターネット集客の極意」を、工務店さんが今日から実施してもらうため、非常に細かく細かく説明したものでした。
内容としては;


1.インターネット集客で成功するための「仕組み」づくり大研究
・「資料請求」から「イベントへの誘導」までの流れを知ろう!

2.間違いだらけの「資料請求フォーム」
・web製作会社が陥る「物販サイト」と「住宅サイト」の根本的な違いとは?
・予想とは違った反応率

3.感動を伝えるためのガイドブック作成術
・家造りには必ず物語があります。それを知らないばかりにゴミをせっせと作り続けることになります。

4.簡単!超ラク!!イベント企画方法の極意
・何もしなくてもお客様がどんどん集まるイベントって?

5.お客様の声をどうやって集めますか?

6.返信してもらうためのメール術
・実践的な「返信してもらうためのメール術」を公開します。

この内容で、1:00〜5:00まで4時間ぶっとおしでおこないました。
途中、たった5分間の休憩があっただけです。

それでも、参加した方のアンケートを読むと

「この内容で4時間は無茶です。時間が足りません!」
「1泊2日でやるべきです!」
「もっと時間があれば、大満足100点ですが・・・・」


4時間でも足りないほど内容を詰め込みすぎたようです。
深く反省しています。

参加された方も大変だったと思います。
私のセミナーを1度でもお聴きになった方はご存知ですよね。
私は猛烈に早口なのです。
そして、テキストだけでも40ページありましたから、参加された方はメモを取るだけでも大変だったようです。(ごめんなさいね)

また、セミナーの冒頭でお話した「営業マン不要論」ですが、これは【求められる工務店の会】情報誌で私が掲載している内容です。
そのため、まだ情報誌をお読みでない方には分かりづらかったかもしれません。
本当にごめんなさい。

ただし、この【営業マン不要論】は「インターネット集客の仕組み」を作成する上で不可欠な理論なのです。
このブログをお読みの方で、この【営業マン不要論】を読みたい方、下記から申し込んで「情報誌会員」になってください。
*申し込みフォーム/コメント欄に(紹介者パスワード)を記入するようになっています。下記のパスワードを記入すると、各種セミナー等の割引券をもらえます。申し込む際は忘れずにパスワードを記入してください!

★パスワード: ssh5092-tk

情報誌申し込みフォーム● (←こちらをクリックしてください)



2005年12月04日

住宅営業のコンサル手法が時代遅れな理由

今日は恥ずかしい告白です。

実は、今までたくさんのコンサルに大金を吸い取られました。彼らを全て否定するわけではありませんが、無駄な投資になったケースがほとんどでした。
なぜかと言うと、3つの理由が考えられます。

1.過去の成功手法
2.工務店経営のビジョンが無い
3.インターネット・ブロードバントの時代に対応できていない


それぞれについて説明しましょう。続きを読む

2005年08月30日

【伝説のセミナー】

1f36fb0b.gif★今日も元気にクリックをお願いします⇒こちらをクリックお願いします「人気ブログランキングへの投票」★いつもありがとうございます。


9月16日、大阪(インテックス大阪)にて、あの【伝説のセミナー】をおこないます。7月1日におこなったセミナー内容をさらに充実させます。
大阪近辺の方、ぜひ、セミナーに参加してください!

セミナーの詳しい内容は、こちら(↓)をクリックしてご覧ください。

あの伝説のセミナーが大阪に上陸!(住宅リフォームフェア2005 in 大阪)


2005年08月19日

【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート10)

★今日も元気にクリックをお願いします⇒こちらをクリックお願いします「人気ブログランキングへの投票」★いつもありがとうございます。

★キーワードの考え方(パート2)★

ある工務店さんの集まりがありまして、その会では
・インターネット集客=デジタル
・チラシ・ポスティングなどの集客=アナログ

と定義を設定しています。(本来のアナログ/デジタルの定義とは違うと思いますが、参加している工務店さんにはわかりやすいのかもしれません。)

私は、「これはちょっとマズイな」と思っています。2つの点でマズイのです。

1)【デジタル】と聞いた途端、普通の工務店経営者は「嫌がります」。
 つまり、取り組む気力がなくなるのです。

2)インターネットでの情報発信は、「究極の対面販売」ですから、極めてアナログ的手法なのです、実は。



それなのに、
・インターネット集客=デジタル
・チラシ・ポスティングなどの集客=アナログ

と定義付けしてしまったため、その会においては「インターネット集客」が誤解されています。何か「特殊な方法で特殊な人だけが成功する」的なイメージで定着しつつあります。

さて、本題に入ります。

今回は「インターネット集客の極意」⇒【キーワード】の考え方です。
*キーワードに関する解説は(パート9)を読み返してください。
 【パート9

先日も、驚くべき話を聞きました。まだ、こんなことを言っている人がいるなんて・・・・・・・。続きを読む

2005年04月23日

【終焉の始まり】

いよいよ始まりました!
巨大なハウスメーカーの終焉です。


すでにご存知ですか?

野村ホーム 新規受注の順次停止および会社解散について


野村ホームは、ハウスメーカーとしては唯一「外断熱住宅は素晴らしい」と主張していた会社です。
その会社がこんなことになるとは・・・・・・・・。
非常に残念です。
お施主様はもっと残念でしょうね。



以前、ある大手ハウスメーカーから、こんな(↓)ことをされました。

1)技術提携の申し込み 
 *即時、お断りしました。ごめんなさいね。

2)技術者の引き抜き工作
 *断熱材メーカー(○○化工)担当者経由で、○○ホームの偉い人から、直接、社員さんに電話連絡が入りました。
 (携帯電話に直接連絡が入りました)
 そうとうな高額の年棒だったので、ちょこっと、グラッときたと社員さんが言ってましたが。

3)競合した場合、得意の言葉を連発
 *1年ほど前までは、よく○○ホームと競合しましたね。
  競合すると、○○ホームの営業マンが必ず口にしたのが、
  「その工務店さんで大丈夫ですか?
   財務内容はどうなんですか?」

  そんなことを言っていた営業マンは、今はどんな思いでしょうか?


来年の3月末に解散」ということですが、これは、私が以前から言い続けている【時期】ですね。
「来年3月末までに、ハウスメーカーは対策をしないと生き残れない」
と言い続けてきました。残念ながら、それが証明されるのかもしれません。

理由はブログでは書きません。(セミナーではお話していますが)

これほどの大会社ですから、きっと、いろいろな理由があるのでしょう。
それは、私ではわかりません。

ただし、これで判明するのは

流行している工法だけでは生き残れない

ということです。

これは私達工務店にも共通することです。
特に、大手FCに加盟している工務店さん・大手ハウスメーカーの下請工務店さんは、これからの1年間が正念場です。

工法や価格だけのノウハウでは生き残れません!

それではどうしたら良いのか?

一つのヒントがここ(↓)にあります。

求められる工務店の会について



人気ブログランキング
人気ブログランキング、今日もクリックをお願いします。(ありがとうございます!)

人気blogランキング
★今月 おすすめの本★
メルマガの登録
【住宅業界健全化マニュアル】
メールアドレス:
メールマガジン解除
メールアドレス:

Powered by まぐまぐ

最新のコメント
最新のトラックバック
ブログの講習会 (良い家に住むのは万人の願い。安心と安全を耐震住宅のGLホームでかないます)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
ためになりました (大阪で50代から定年までの失敗しない自分だけのリフォーム)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
トラックバックの試験 (良い家に住むのは万人の願い。安心と安全を耐震住宅のGLホームでかないます)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
てすと (自然素材で世界にひとつの家作りを完成さす)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
インターネットで集客の可能性 (子育て世代のための最高級の桧を使った、坪33万円の高級住宅)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
トラックバックTESTです (大阪の材木屋発!自然素材・健康住宅適合素材を使用し、安全、快適、でリフレッシュできる住空間をプロデュースします。)
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
テスト (20代からシニアまで。バイクガレージ、ビルトインガレージ!ガレージライフを楽しみたい[夢をかなえるガレージハウス虎の巻])
【工務店がインターネットで集客する仕組み】(パート11)
★そうだ!読書をしよう!!★
livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)